和食から学べばもっと料理が得意になれる!すぐに実践出来る基礎知識

お浸しの料理手順は三者三様でしょう。
しかし、一般的な調理のやり方を再確認してみて下さい。出汁の他に味醂、さらにしょうゆといった素材と和えていただくのが本来の料理法とされます。

ただ、しょう油をかけるだけの簡素なバージョンも一般的です。
野菜で作った浅漬けは毎日でも食事時に加えてあげたい品です。一夜漬けの塩気の目安は、食材を基準にだいたい2ないし3%程度が適正量です。

塩だけでも十分ですが、可能であれば生姜もしくはトウガラシ、又は昆布なども一緒に漬ければ風味やうま味成分がでます。
浅漬を作ると塩の密度差のお陰で緑黄色野菜内部の水が抜ける為、まとまった野菜でも一回で食べられる筈です。
要は、相当な量の野菜に含まれる栄養分が摂取出来る訳なのです。

食塩の摂り過ぎには配慮しながら、普段から食べるようにしましょう。

冬のお洗濯って辛いですよね。
部屋干しでは乾きづらくて匂いも気になるし、外干しはとにかく寒い。
でも空気が乾燥して風も強いからか、やっぱり外の方が良く乾くんですよね。
なので、雨でない限りは外に干しています。
ただ、うちの地域はホントに風が強くて。
山の手にあるせいでしょうか。
なかなかの強風でよく庭のバケツが転がる音が聞こえてます。
お洗濯物もうっかりすると飛んでいっちゃいそうです。
とにかく滑り落ちないように、ハンガーにかけてその上から洗濯バサミで固定。
それでも見てるとびゅうびゅうと、まるで洗濯物が鯉のぼり状態です。
昨日も風が強かったんですがうっかりシャツを一枚、固定し忘れてたんです。
取り込む時になくなっててビックリ。
キョロキョロしても庭には落ちてないし…
と、ふと見ると、裏のお家の庭を越えたさらに向こうの車の屋根に白いものが!
なんと我が家のシャツ、そんなところまで飛んでました。
慌てて取りに行きましたが、ビックリしたなあ。
というか、あそこまで風になびいて飛んでくシャツを想像したらもうおかしくって。
とにかくやっぱり強風には要注意ですね。
今後は気をつけようと思ったのでした。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています